【ベルトドライブ自転車のデメリット!?】自転車整備士歴15年の僕が伝えたいデメリット3選と、その対処法

メンテナンス
スポンサーリンク

みんなそんなにデメリットが気になる!?
どーもばった(@グラスホッパー@二輪好きな人)です。某自転車販売店で15年、自転車整備士として働いています。
以前書いたベルトドライブ自転車記事の検索ワードが「ベルトドライブ デメリット」ばっかりなんです。
結論からいえば、みんなが思っているようなデメリットはありません!

ベルトドライブのデメリットでみんなが気にしているところ

切れそう

まず切れません!

[ ベルトドライブ ]

DUAL DRIVE(両輪駆動)モデルは、
チェーンではなく、カーボンベルト!
(ティービーワン e、フロンティアラクット
ワゴンを除く)だから、サビない。はずれない。
しかもチェーンの5倍以上長持ち※5!

※5 弊社高負荷耐久試験によるカーボンベルト・
軽快車チェーンが破損した駆動回転数を比較した場合。

出典:ブリヂストンサイクル公式HP

こちらはブリヂストンサイクル様のウェブサイトからですが

普通のチェーンよりも5倍くらい強いそうです。

僕ももう10年以上ベルトドライブの自転車を見てきました。
切れてしまった、という経験は0です。
以前メーカー様に聞いたことがありますが、ベルトドライブは意図的に切り込みを入れたりしない限り、切れることはまずないそうです。

変な音がする、とよく聞く

snow

これは条件付きで本当です。ベルトドライブ特有の「キュッキュッ」という音がします。季節は冬が多く、長期間つかっているベルトドライブにもこの現象がみられます。

自転車のベルトドライブは、歯車とのかみ合わせがなめらかになるように、薄くグリスが塗られています。自転車を動かすと、ベルトがあたたまりグリスが浮いてきます。このグリスが回転をなめらかにしてくれるんですね。気温が低い冬や、長期間使用したベルトはこのグリスが浮いてこないことがあります。それが「キュッキュ」「ギューギュー」という異音につながるんです。

これを解消する方法があります。それは「シリコンスプレーを付ける」です!

これをおこなうと、グリスの効果をはやく出させることができます。ベルトドライブの自転車をお使いのあなたは、これを1本もっておくと便利です。「シリコンスプレー」と記載されているものであれば、近所のホームセンターに売っているものでもなんでもOKです!

潤滑油でもいい?

ばった
ばった

ダメ、ゼッタイ!

潤滑油だと、ベルトを痛めてしまいます。ベルトドライブにはかならずシリコンスプレーを使いましょう。

高い

これは本当です。こればっかりはどうしようもない!
でも性能は普通の自転車よりもいいですし、1度買うと長くつかえますから。ここは少し奮発してベルトドライブの自転車、いかがですか?

メリットとまとめ

ここまでベルトドライブのデメリットばかり書いてきました。だってみんなそればっかり検索するから!
ベルトドライブ自転車のメリットについても書いておきます。
まずなんといってもペダルをこぐのが軽い!初めて乗ったとき感動しました!
そしてメンテナンスが楽です!先ほどシリコンスプレーの話をしましたが、頻度は少ないです。むしろ普通自転車の鉄チェーンのほうが、月1回くらい潤滑油をささないといけません。それに比べたらベルトドライブは、はるかにラクできます!
ぜひ、ベルトドライブ自転車も検討してみてくださいね!

それでは、今日もよいサイクルライフを!

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました