大型自動二輪免許、一発試験への道~40歳へなちょこライダーの挑戦~

日記
スポンサーリンク

40歳からのバイクライフ

僕「ばった」は、2020年、40歳にして「普通自動二輪免許」を取得しました。

取得した理由は、細かいものを上げれば100個くらいありますが、大きな理由は

「同じことの繰り返しの毎日から脱却したい」
「新しいことにチャレンジしてみたい」
「一時期あこがれたバイクに、やっぱり乗ってみたい」

こんな事を考えていました。

最初家族にも猛反対されましたが、根気よく説得を続け、何とか了承してもらえました。

そして一念発起、無事免許を取得。

同時購入で愛車 SUZUKI「ジクサー150」を購入。

それからは休日の度に走り回る日々。

もー最高!

それまでの自転車移動よりも、行動範囲が一気に広がり、自分の世界が一気に広がりました!

「自分は、まだまだ見ていない世界がある。人生は冒険だ!」

そんな風に日々楽しくツーリングをしています。

ふつふつと湧き上がる「大型」へのあこがれ

ジクサー150と供にいろんなところを走りましたー。

かつての地元横浜

昔自分が住んでいた町。

ツーリングの聖地「奥多摩周遊道路」「同志みち」

紅葉が最高だった「大菩薩ライン」「秩父」

気が付けばバイクライフをはじめ9か月が経過していました。

町中でバイクに乗っている人を見かけるとつい凝視してしまうほどバイクに

のめりこんでいく中で、ふつふつとこんな気持ちが湧き上がってきました。

「大型自動二輪に乗ってみたい」

ジクサー150にはなんの不満もありません。初心者の僕にちょうど良いパワー、ハンドリング。何も不満はないんですが…

やっぱりもっと速い、大型バイクにも乗ってみたい!

「あのバイク、カッコイイ!乗りたい!でも乗れない…」なんてことが無い様にしたい!

という事で「大型自動二輪免許」を取得するぞ!という覚悟を決めました。

 

しかし、もうお金がない!

普通自動二輪免許取得のために行った教習所。新車で購入したジクサー。

日々の生活もギリギリなのに、これ以上自分の趣味に高額な費用は出せない!

と悩みながら検索していた私に、とても魅力的なワードが現れました。

「一発試験」

各都道府県の運転免許試験場で、いきなり試験を受ける、という方法。

なんてかっこいい響き!

しかも安い!10回落ちても、教習所をより安くつく!

ここはチャレンジだ!

人生は冒険だ!

…というわけで、さっそく「府中運転免許試験場」へと足を愛車を走らせました

 

つづく!

大型自動二輪免許、一発試験への道~受付と、立ちはだかるスケジュールの壁~

コメント

タイトルとURLをコピーしました