自転車のブレーキ音鳴りがキーキーうるさいときの直しかた~前輪編~

スポンサーリンク
タイヤまわり

自転車のブレーキをかけたらキーキーうるさい!

よくありますよね

音鳴りに関しては、右ブレーキと左ブレーキで対処方法が変わってきます。

今回は右手、前ブレーキの音がうるさい時の対処方法をご案内します。

ズバリ対処法は「全輪についたブレーキのカスを綺麗にしてあげること」です。

スポンサーリンク

まずはブレーキシューのチェック

こちらの修理自転車。

右手の前ブレーキが効かないということで持ち込まれました。

見てみると前ブレーキシューが削れて完全になくなっています。

こうなると即交換ですね。

以前のこちらの記事の通り、交換作業を進めていきます。

スポンサーリンク

ブレーキの音鳴りをチェック

交換作業が終わった後は、ブレーキのかかり具合を必ず試してみます。

大抵の場合、ブレーキをかけながら前輪をを引きずるとギーギーうるさい音がします。

原因は車輪の汚れです。

前ブレーキゴムのカスが、全輪側面のリム部分に大量に付着しています。

実はこれが音鳴りの原因です。

新しいブレーキのゴムが車両を抑えようとするとき、この細かいカスのせいでギーギー音が出てしまいます。

これをクリーニングしてあげると、音が消えますよ。

車輪をクリーニング

使うのはこのようなクリーナー。

自転車用がベストですが、キッチン用クレンザーでも代用ができます。

このクリーナーを前輪の汚れた部分に吹きかけ、ウエスできれいに拭き取って上げます。

 

少し拭いただけでほら!

こんなに真っ黒になりますよ。

油ダメ、ゼッタイ

ここで大切な注意点を。

油分の入ったものは絶対に使ってはいけません。

油の入ったものを使ってしまうと、確かに音は消えます。

ですがブレーキ自体が滑って効かなくなってしまいます!

一度油がついてしまうと簡単には取れません。

最悪、車輪を全部交換することになります。

修理代がものすごく高額になってしまうので、油分だけは絶対につけないようにしましょう。

クリーニング終了!

綺麗になりました。

もう一度ブレーキ音をチェックしてみると、音が完全に消えました。

ブレーキのギーギー音に困っているあなたは、是非試してみてください。

 

それでは、今日もよいサイクルライフを!

コメント

タイトルとURLをコピーしました