自転車のペダル交換で、愛車をカスタム!~工具は?外れない?~

スポンサーリンク
タイヤまわり
この前自転車でこけちゃって、ペダルが割れちゃった!
ずいぶん長く使っていて、なんかペダルがゴリゴリする
子供自転車の練習で、いったんペダルを外したい!
ペダルって外せるの?

はい!外せます!ついでにあいしゃの ペダルも交換して、お手軽カスタム!

世界に1台だけの自分の自転車を作っちゃいましょう!

専用工具が必要ですが、慣れればそんなにむずかしくないですよ。

スポンサーリンク

自転車ペダルの交換方法

専用の工具が必要

ペダル交換を行うにあたって、ひとつだけ悩みどころなのが

専用の工具が必要なんです。

こういうのです。

よく「モンキーレンチで対応できますか?」という質問を受けますが

※モンキーレンチはこんなのです

モンキーレンチとか普通のレンチだと難しいです。

ペダルのネジ部分は15mm幅なんですが、レンチをひっかける部分が薄いんですね。

それに、外すとき、最後に新しいペダルを締め付けるときにけっこう力を入れないと

いけないんです。

この専用工具「ペダルレンチ」、このペダルを交換するとき以外に出番がないんです。

だから購入するのに迷ってしまうかもしれませんが、ひとつあると便利かと思います。

ペダル交換の方法

では、交換していきましょう!

まずは右ペダル。ネジは通常と同じなので、外すためには左方向に回します。

ところがペダルって、逆回転でもくるくる回ってしまいますよね。

なので、このように足で抑えて、左手で左ブレーキをかけながら

「ぐっ!」と力を入れます。

最初だけ、固くて力が要りますが、一度ゆるんでしまえばあとは手で回してもはずすせます。

スポンサーリンク

ペダルが固い!外れない!の最大のポイント

よくお店で「ペダルが外れないんだよ!」とお問い合わせをいただく最大の

ポイントがここです。

左ペダルが逆ネジなんです!!

つまり、外す方向が右回しなんです。

右ペダルと同じ要領で左に回し続けると、ひたすら強く締め付け続けることに

なってしまいます!

方向注意です!

なぜこうなっているかというと、左も右と同じにしてしまうと、もし緩いときに

ペダルを正回転で回したときにどんどん緩んでしまい、外れてしまうからなんですね。

要領は右と同じように、足で抑えながら、左ブレーキをかけがなら

「ぐっ!」と力を入れて外します。

ゆるんだら、手で回します。

両方外れたら、新しいペダルを取り付けるだけ!

ペダルに左右が書いてあります。ネジ方向が違うので、付け間違えないようにしましょう!

手でくるくる回してゆき、最後はお決まりのペダルレンチで。

やっぱり左ブレーキを握りながら「ぐっ!」と力を入れて締め付けて完成です!

こんなオシャレなペダルがあります!

一般自転車の場合、ペダルを付ける部分のネジは全部同じです。

なので、カラフルなペダル、幅広のペダル、アルミのペダルなど、

オリジナリティあふれるペダルに交換もできちゃうんです!

 

こういうの、めっちゃイイですよね!

 

しっかり締め付けられているペダルを外すとき、最後新しいペダルを締め付けるとき

ちょっとコツが要ります。左ブレーキをかけながらやってみてくださいね!

それでもなかなかうまくいかなかった場合は、お近くの自転車販売店へ

ご相談ください!

 

それでは、今日もよいサイクルライフを!

コメント

タイトルとURLをコピーしました