自転車の空気って、どのくらい入れればいいの~答えは「タイヤ」に書いてあるんです~

スポンサーリンク
タイヤまわり
スポンサーリンク

タイヤの空気圧は「命」

何回かお伝えしていますが、自転車に限らずタイヤが付いている

乗り物にとって空気圧は命です!

・最近自転車が重い
・パンクした!
・電動アシスト自転車のパワーが弱くなった

これ全部タイヤの空気を入れれば解決します!

「とりあえず空気を入れてみよう」を合言葉に、愛車の空気をチェックしてみましょう!

スポンサーリンク

どのくらい入れればいいのかは「タイヤの横」に書いてある!

そうはいっても、どのくらい入れればいいか分らないよ

ごもっとも。

でも実は、その答えはタイヤに書いてあるんです。

こちらは一般的な自転車のタイヤです。

側面にINFLATE TO 300kpa(43p.s.i.)と書いてあるのが見えますか?

実はこれが「このくらい入れてね」というしるしなんです。

「kpa」「p.s.i」どちらも空気圧の単位で、これを基準に入れます。

どっちでもいいんですが、僕は「kpa(キロパスカルと読みます)」を基準にすることが多いです。

300kpaなら「300キロパスカル入れてね」ということです。

適切な空気圧を測るには「いい空気入れ」が必要

300キロパスカル?って、どうはかればいいの?

そうですよね。

実は正確に測るには「空気圧ゲージが付いた空気入れ」を用意する必要があるんです。

これが空気圧ゲージ

よく売っている1,000円以下の空気入れだと、この空気圧ゲージがついていない

ことが多いです。

例えばこのゲージだと外側の数字がp.s.i.

内側の数字がkpa(×100)です。

300キロパスカルであれば内側の「3」のところに合うまで空気を入れればよいわけです。

そんなにきっちり測らなくても、だいたい固くなるまで入れればいいんじゃないの?

そう思いますよね。

でも、なかなかうまくいかないんです。

 

僕は自転車整備士として長く働いています。

年間数百台の自転車の空気を入れていますが、いまで空気圧ゲージなしで正確に入れるのはなかなかできません。

 

空気圧ゲージ付きの空気入れは、一般的に3,000~5,000円くらいで販売しています。

「高い!」と思うかもしれませんが、これ1本買うだけで

自転車がメチャクチャ快適になり

パンクもしにくくなる

このメリットを考えるとコスパ最強アイテムだと思いませんか?

あと、自動車を持っているあなた!

自動車のタイヤの空気も入れられるんですよ(米式バルブ対応の場合)!

自動車のタイヤ空気圧は、燃費にモロに直結します!

こんなに汎用の効くアイテム、ほかにはちょっと思いつかないです。

ぜひ一家に一本!用意してみては?

 

それでは、今日も良い自転車ライフを!

自転車を速くする方法2選~かんたん調整であっという間に速くなる~

タイヤの空気圧のはなし~そのパンク、パンクじゃないかも?~

コメント

タイトルとURLをコピーしました