自転車を速くする方法2選~かんたん調整であっという間に速くなる~

スポンサーリンク
タイヤまわり
最近、乗っている自転車が重い!
もっと早く走りたいのに!
この自転車も乗って長いからなぁ。
そろそろ買い換えかなぁ。

ちょっとまって!

わざわざ買い替えなくても、今使っている自転車を手っ取り早く

速く、軽くする方法がありますよ!

メッチャかんたんで、今すぐできることを2つ紹介します!

ぜひお試しください!

自転車に限らず、タイヤのついた乗り物にとって空気圧は

「命」です。

何を大げさな、と思った方もいるかもしれませんが、本当です!

自転車を買ったばかりの時はかるーくスイスイ走れていたのに、

最近急にペダルをこぐのが重くなった。

あと電動アシスト自転車をお使いあなた!

最近アシストパワーが落ちた。前間もっと強い力で坂道を押してくれたのに。

モーターの不良かな?とお考えかもしれません。

この解決方法としてよくお客様にお伝えしているのが

「タイヤの空気を入れましょう」です!

最近タイヤの空気、最後に入れたのはいつですか?

タイヤの空気は、最低でも1か月に1回は絶対チェック!

ええ!そんなに!

はい。タイヤの空気は、1か月で約20%ほど抜けるといわれています。

月の初めはタイヤの空気入れ!

タイヤが固くなるまでしっかり入れましょうね。

  • スポンサーリンク

    サドルを上げる

お使いの自転車のサドル(座っているイスのことです)、買った後に調整しました?

「調整なんてできるの?」

はい、簡単にできますよ!

サドルが付いている下の棒(サドルポストといいます)の付け根の右側に、

こんなのがありますね。

ここを反時計回りに回すと、サドルの高さが自由に調整できます!

「で、どうちょうせいすればいいの?」

普段自転車にまたがったとき、足は地面にどのくらいついていますか?

かかとまでべったりついているあなたは、サドルが低すぎです。

もっと上にあげましょう。

少しかかとが浮くぐらいのほうがいいです。

サドルを上げたら、先ほどのパーツを時計回りに締めこんで、しっかり固定します。

では、その状態で走ってみましょう。

どうですか?前より走りやすくありませんか?

サドルを低くしすぎて自転車に乗っている状態は、例えるなら

中腰で階段を上るようなものです。

辛いですね。

サドルを上げるだけで、ラクな乗車姿勢で乗れるんですよ!

…あ、でもほどほどにしてくださいね。

止まった時にバランスが取れなくなって転んでしまっては意味がありませんから!

 

以上、この2つを改善するだけで、意外と快適に走ることが出来ます!

せっかくの愛車、大切に乗っていきたいものですね!

 

それでは、今日も快適な自転車ライフを!

コメント

タイトルとURLをコピーしました