自転車防犯登録について~何のためにするの?手続き方法は?~

全般
自転車防犯登録って何
最近インターネットで自転車を買ったんだけど
防犯登録ってどうやったらいいの

今日はそんな疑問にお答えします!

そもそも防犯登録って何

防犯登録とは、自転車を使う人全員に加入が義務付けられている登録制度です。

所有している自転車の種類と、所有者のデータが登録されます。

車のナンバープレートみたいなものですね。

万が一自転車が盗難に遭ってしまった時

警察は見つけた自転車の防犯登録から所有者の確認ができますので

盗難自転車の早期発見にもつながります。

また警察官から職務質問にあった時などにも

「これは自分の自転車である」という証明になりますので

自転車を新たに購入した時は必ず防犯登録をするようにしましょう。

防犯登録は各都道府県ごとに管轄が違い、

問い合わせ先や料金も変わってきます。

防犯登録を行うことで、各都道府県の警察に所有者、自転車本体の情報が登録されます。

防犯登録はどうやって手続きすればいいの?

自転車屋さんで自転車を購入する場合は、店舗で防犯登録を行うことができます。

自転車を購入するときに必ずと言っていいほど店員さんに聞かれますので

その時に「加入します」と伝えていただければ OK です。

その場で登録したい氏名、住所、電話番号の記載をするだけで

一般的には身分証明書などもいらないことが多いです。

インターネットで買った自転車はどうしたらいい?

インターネットで自転車を買った場合は、その自転車本体を持っていく必要があります

必要なものは自転車本体、自転車の保証書、購入証明書(レシートなど)

自分自身の身分証明書、最後に加入料金。

これらを揃えて近所の自転車屋さんで「ネット購入の自転車の防犯登録のみを行いたい」

と伝えれば登録ができます。

念のため、登録をしてほしい自転車屋さんにあらかじめ問い合わせておくと良いでしょう。

気をつけたほうがいいこと

最初にお話しましたが、防犯登録制度は各都道府県ごとに異なっています。

基本的には、自分がメインで使う都道府県の防犯登録を行った方がいいです。

これはどういうことかと言うと

防犯登録に登録してある情報を変更したいとき(引っ越しをした時、結婚して姓が変わった時など)

防犯登録情報の変更手続きを行わなければなりません。

この時、都道府県が違う自転車販売店では、その変更手続きが出来ないんですね。

例えば東京で自転車を購入、防犯登録を東京の警視庁で行う。

しかしメインで使う場所は住んでいる埼玉県、といった場合、

情報を変更したい時に東京都の自転車屋さんまでわざわざ持っていかないと

情報の変更ができません。

防犯登録の抹消手続きについて

自分の自転車を他人に譲りたい
売却したい

という時には防犯登録の抹消手続というものが必要です。

車で言う所有権の解除ですね。

この手続きも、上記と同じように各都道府県の管轄する自転車屋さんに持って行きます。

必要なものは自転車本体防犯登録の控え

自分の身分証明書の3点です。

防犯登録を抹消したい旨、その理由を伝えれば抹消手続き行ってきます。

この抹消手続きをしないまま他人に自転車を譲ってしまうと

警察情報の自転車の所有者登録は変わってない状態になりますので

最悪の場合譲った人が自転車を盗んだと疑われてしまうことになりかねません。

抹消登録は必ず行いましょう。

そのためにも、防犯登録を行った際の控えはメチャクチャ大切です!

しっかり保管しておきましょう。

「いろいろ手続きが面倒くさいなあ」と思うかもしれませんが

自転車を乗る人が気持ちよく自転車を日々支えるための大切な登録制度ですので

ぜひ活用していきましょう!

これからも楽しい自転車ライフを!

参考:東京都の自転車防犯協力会です

一般社団法人 東京都自転車商防犯協力会 | 東京都の自転車防犯登録に関する業務をおこなっております。
東京都の自転車防犯登録に関する業務をおこなっております。
タイトルとURLをコピーしました