タイヤの空気圧のはなし~そのパンク、パンクじゃないかも?~

タイヤまわり
スポンサーリンク

…あれ?タイヤの空気が抜けている。パンクした!

なんで?昨日まで乗れていたのに。

あーもう、これだから自転車はイヤなんだよなぁ。

ばった
ばった

それ、パンクじゃないかもしれませんよ。

とりあえず空気を入れてみよう。

いったん空気を入れてみましょう。案外、そのまま走れるかもしれませんよ。

タイヤから空気が抜けていくイメージって、こんな風に思っていませんか?

でも実際は、タイヤの空気はこんなふうに減っていくんです。

そう、このように、ある日突然「ストン」となくなるんです。だから安心して、空気を入れてみましょう。
駅前の駐輪場を契約している方は、空気入れを貸してくれるところもあるようですし、この機会にお近くの自転車販売店で購入してもいいですね!

タイヤの空気圧は自転車の「命」なので、1本持っておくととても役立ちますよ!

それでも抜けるなら、虫ゴムをチェック!

自転車のバルブ(空気を入れる口のことです)を分解してみたことはありますか?

パパ
パパ

分解!?不器用だからそんなことできない

ばった
ばった

めちゃカンタンですよ!

ここの一番太い銀色の部分を反時計回りにひねると、カンタンに取れます。
ここに黒い(または黄色い)細いゴムが入っています。

これが「虫ゴム」と言われるもので、チューブ内の空気が外にもれないようにガードしてくれています。ここが劣化していくんですね。

右のバルブのように破れてしまっていると、ここから空気が少しずつ漏れてしまうんです。この現象を「パンクかな?」と勘違いしてしまうことが本当に多い!!
これをやぶれていない新品にチェンジ!
虫ゴムは、お近くの自転車屋さんで(最近は100円ショップでも?)販売していますよ!
ほら!カンタンに修理完了!

最近は「虫ゴムいらずのバルブ」も!?

どうせバルブを交換するなら、最近は虫ゴムいらずのバルブも出ています。

これに変えれば虫ゴムいらず!
永久に使えるわけではありませんが、通常の虫ゴムバルブよりは間違いなく空気漏れが少なくなりますよ!

空気圧は命

僕が日々お客様にお伝えしていることがあるんです。
「タイヤのついている乗り物にとって、空気圧は命!!!」
これは何度も声を大にして言いたい!!
自転車に限った事ではないんです。自動車もバイクも資材を運ぶ荷車もどんなものでも、タイヤの空気圧が足りないと、いろんな不具合が起きます。
エンジン付きの乗り物なら燃費、乗り心地にも影響するし自転車ならペダルをこいでいても重く感じたり、パンクの原因にもなります。タイヤの空気圧は、最低でも月1回はかならずチェック!

それでは、今日もよいサイクルライフを!

コメント

タイトルとURLをコピーしました