補助輪を外した自転車の練習方法!~たった1日で乗れちゃうよ~

スポンサーリンク
ライディング
子供が大きくなってきた!
そろそろ憧れの「補助輪なし自転車の練習」を始めたい!
でも、うちの子にできるかな?
そもそもどう教えればいい?
何回も転ばせるのはかわいそう…
効率のいい練習方法はないかな?

ありますよ!

子供のころ、お父さんにさんざん転んで、泣きながら自転車の練習をしたあなた!

我が子にあの苦痛を与えたくないですよね?

あんまり転ばなくても、ちゃんと乗れるようになりますよ!

スポンサーリンク

補助輪なし自転車の練習は何歳からやればいい?

child

よく頂く質問です。

結論は「何歳でもOK!」

年齢はあんまり関係がなくて

・自転車にまたがって足を地面に伸ばした時に、少しかかとが上がるくらいで付ける

・自転車から降りて、車体を押して歩ける

このあたりができれば、乗ることは可能です!

ちなみに僕の子供は、3歳10か月で乗れるようになりました。

スポンサーリンク

まずはサドルの高さ調節

ということで、まずはサドルの高さを調節します。

先ほど記載したように、自転車にまたがって足を地面に伸ばした時に

少しかかとが上がるくらいで付けるところまで調節します。

かかとまでべったり足がついて、なおかつヒザが曲がっている場合は下げすぎです。

これもよくある失敗の一つで「不安だから限界まで下げる」という方がいますが、

こうすると逆に乗りづらくなり、練習には逆効果です。

必ず適切な位置に調整しましょう。

「ペダル」を無視する

rider

ここが最も重要なところです!

「ペダル」のことを一度忘れます!
足でこがない!

ではどうするのかというと、足を使って地面をけって、前に進む!

もしくは、近場に緩やかな坂があれば、そこを上から下へと滑り下りる。

この練習をします!

いわゆる「ランニングバイク」で遊ぶ状態にするんです!

「ランニングバイク」とは、ここ数年でメジャーになった、ペダルのない

キックバイクです!

こんなのです。


これでよく遊んでいるお子さんは、実は補助なし自転車にすぐ乗れます!

なぜ「ペダル」を忘れると乗れるのか?

僕たち大人は、もう自転車に乗れるから忘れていますが、実は

「自転車の運転」というのは結構複雑な動作を行っています。

具体的に言うと「体重移動でバランスを取り車体を操作する」ことと

「ペダリングで進む」という、本来バラバラの動作を2つ同時にやらなければならないからです!

これが理解できないと、何度も転んでしまうんです。

で、自転車が嫌いになる。

ではどうすればいいかというと、この2つの動作をひとつづつ覚えればいいんです!

まずは体重移動で曲がる、操作する「バランス」を覚える。

それが出来る様になったら、ペダリングを覚える。

こうして別々に覚えれば、無理なく覚えられるんです!

ばった(@グラスホッパー@二輪好きな人)イチオシのアイテムはズバリ!「ストライダー14X」です!

詳しくはこちらの記事で解説します。

大人になっても大事なのは「目線」

ski

ここで体にしっかり覚えさせたいのは「目線」です!

最初の難関かもしれません。

とにかく「遠くを見る」「行きたい方向を見る」「下を見ない」

これを徹底して覚えることです!

人間どうしても、経験したことのないスピードを体験すると下を見がちです。

これはスキー、スノーボード、あとオートバイもそうですね。

下を見ているうちは、体重移動もバランスも覚えられません。

お父さんお母さん!お子さんの前に立って

「私をしっかり見て!」と励ましてください!

とにかく「下を見ない!」をマスターしましょう!

スピードに慣れて、しっかりと前を向くことが出来る様になれば

ゴールはすぐそこです!

「手のブレーキで止まる」ことを覚える

次に「手のブレーキで」止まることを覚えます。

どんなにスピードが出ていても、自分の意志で止まることができるから、

安心して自転車が運転できるんです。

これはすぐ覚えてくれると思います。

止まれれば怖くない!

最後に「ペダルをこぐ」

childs

もうゴールはすぐそこ!

足で地面をけってスタート!目線、ブレーキ、体重移動で曲がれるようになれば、

足をそのままペダルに乗せて足を回す!

ほら乗れた!のれましたよ!

やったーーーーーー!!

スタートする時、止まるときのことは最後に教えてあげてください。

特にスタートする時は、本体がのろのろしてしまうのでよろけてうまく乗れないかも

しれません。

でもこれは、通常走行が出来る様になれば、自然とできるようになります!

この「地面をけって体重移動」「目線」「ペダリング」の順番で練習してみてください!

うまくいけば、1日でできるようになりますよ!

ちなみに我が家は、先ほどの「ストライダー」で慣れていたせいか、

本当にいきなり乗れました。

よく子育ての醍醐味と言われる

「おとうさん、後ろ抑えてて!離さないでね!」

「はなさないよー!」(離してる)をやりませんでした。

それはそれでさみしい…

めっちゃ褒める!!!

love

この練習のキーポイントは

「めっちゃ褒める」につきます!

これホント大事!

「いいね!うまいうまい!」

「よくなってきてるよ!もうすぐ乗れちゃうんじゃない?」

「もういっかいやろうよ!」

とにかくポジティブに、べた褒めしまくってください!

お子さんのやる気もマックス!すぐに乗れちゃいますよ!

間違っても「なんでできないんだ!」だけは言わないでくださいね!

以上、参考になればうれしいです!

親子で楽しいサイクルライフを!

コメント

タイトルとURLをコピーしました