【電動キックボードが免許不要に】改正道路交通法をしらべてみた

道路交通法改正 日記
スポンサーリンク

改正道路交通法が衆議院本会議で可決

2022年4月19日。国会の衆議院本会議で「改正道路交通法」が可決しました。
これによって「電動キックボード」に対する規制が緩やかになることが決まりました。これによってもしかすると、自転車に代わる新しい乗り物が一気に日本で普及する可能性があります。今回の法改正をばったが分かりやすくご紹介します。

今回の法改正のポイント

16歳以上なら免許がいらなくなる

今現在、公道を走れる電動キックボードは「原動付き自転車」扱い。つまり原付バイクと同じルールでしか乗ることができません。乗るには必ず免許が必要となり、ヘルメット、自賠責保険は必ず必要です。当然ながら免許がない人は乗れません。この部分が大きく変わることになります。今回の法改正では16歳以上であれば運転免許は不要となります。なんと免許を持ってなくても乗ることができるようになるんです。

ヘルメットも不要

さらにはヘルメットも努力義務になります。絶対必要ではなくなるんですね。

保安部品は検討中?

今までは原付バイクと同じルールですから、当然ウインカーやミラーも必ずつけなければなりませんでした。ここに関しても規制が緩和されるらしいんです。が具体的な事はまだ決まっていないそうです。一部報道ではミラーはなくなり、ウィンカーは残るんではないか、といわれております。

時速6km/hなら歩道も走れるようになる

road

ここも大きなポイントでした。今回の規制により速度を調整することにより、なんと歩道も走ってよいというルールに変わりそうなんです。これは非常に大きな決断だと思います。

今までの電動キックボードはあくまで原付バイクと同じルールなので、車道の左端を車と同じように走行。歩道は絶対走ってはいけないものでした。
ただ現行の電動キックボードが出せる速度は最高時速15キロぐらい。ということでかなり遅いんですね。これが車通りの多くて細い道路だと「車に轢かれる可能性が高くて怖い」という意見は前からありました。かといって歩道を走るには、今度は歩行者が危ない。
じゃあどうしたらいいのか、という所に対して両方に配慮した結果となりました。これはすごくいいことです。どっちかしか走れないのは使い勝手が悪いですからね。

おそらく今後発売される電動キックボードは、この速度の切り替えができるようになると思われます。歩道を走る時は時速6 km。だいたいジョギングと同じぐらいのスピードでなら歩道を走っていい、というルールになりそうです。時速6 km でしたら無茶しない限り、大きな事故は起きないのではないでしょうか。そして車道を走る場合は、今までよりもさらにスピードを上げてもよくなりそうだということです。時速15km/hだと遅くて怖いですよね。これが25km/hほどまで許可されそうです。ここもかなり使い勝手が良くなりそうですね。

ただいま「LUUP」で実証実験中

今回の法改正は、まだ可決しただけです。実際に施行されるのにはまだ2年ほどかかります。だから今発売されている電動キックボードを「ヤッホー」ってそのまんま歩道を走ったら一発アウトの違反になります。まだ歩道を走ってはいけません。今乗るなら電動キックボードは原付バイクと同じルールで車道のみです。
ただしこの規制に関しても、現在実証実験をやっている企業がいくつかあるんです。そのひとつが電動キックボードのシェアリングサービス「LUUP」です。現在東京、大阪、横浜、京都にかなり多くのポートが設置されています。こちらのシェアリングキックボードに限り、ルールとしてヘルメットなし(運転免許は必要)で電動キックボードを街中で乗ることができます。もし近くに「LUUP」のポートがある場合は、ぜひ借りて乗ってみてはいかがでしょうか。ばったも今度使ってみます。

移動の新しい時代が来るか?

road

「本当に時速6km/hでも歩道を走らせて大丈夫なのか」「事故は起きないのか」「安全なのか」やっぱり新しいものというのは、どうしてもこういう不安がつきまといます。未知のものへの不安というものは絶対に消えませんからね。
でもばったは、個人的にはこれは新しい時代が来るというような予感がしてなりません。

ばったが自転車屋を始めた20年前、電動アシスト自転車はまだこんなに普及はしていませんでした。まだまだマイナーな乗り物で「こんな高い自転車が流行るのか」と当時のお客様には言われたものです。
ところが20年経って、電動アシスト自転車の売り上げはずっと右肩上がり。一時期はバイクの売り上げをも超えるほどの急成長を遂げました。

たった20年でここまで世界は変わります。ばったは今回の法改正で、電動キックボードががもしかすると自転車に代わる新たな主流の乗り物になるんではないかと思っております。
とにもかくにも法律が施行され、みんなが安心安全に快適に、街中の移動ができる日が本当に来るかもしれません。その時を楽しみにしつつ、安心安全な道路交通に対する啓蒙を続けていきます。

それでは今日も良いサイクルライフを。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました