【ベロスター】パナソニック電動アシスト自転車2021年最新モデル登場!前モデルとの違いは?

ばった
ばった

1台入荷しましたよー

どーもばったです。
パナソニック電動アシスト自転車のなかで、スポーツタイプで1番の人気を誇る「ベロスター(BE-ELVS773)」2021年最新モデルが入荷してきました!早速レビューいきましょう!

ちなみにばったは、電動アシスト自転車をネット購入するにあたっておちかくで店舗受取ができるなら「サイクルスポット」「ダイシャリン」をおすすめします。

  • 店舗受取で送料無料
  • お渡し時の説明が受けられる。
  • 防犯登録、保険にも加入できる
  • 定期点検、パンクなどの修理も安心
  • 不要自転車回収もしてくれる

関東100以上の店舗受取で送料無料

おちかくで受け取りができなさそうなあなたは「サイマ」での購入をおすすめします。

  • 自転車整備士による組み立て整備、お渡し時の説明が受けられる。
  • 防犯登録、保険にも加入できる
  • 定期点検、パンクなどの修理も安心
  • 不要自転車回収もしてくれる

自転車通販サイトNo.1

外観

外観はこんな感じです。

こちらは新カラーフラットアクアブルー」

やっぱりスタイルがかっこいいですね!

こちらは継続カラー「ミッドナイトブラック」です。

関東100以上の店舗受取で送料無料

自転車通販サイトNo.1

主な変更点

700c のベロスターは前回のベロスターミニと違いまして、フレームサイズやスペックの変更は特にありません。
変更点は次の2点です。

  • カラーリングの追加
  • ロゴの変更

最大の注目点は、やっぱりこの最新カラー「フラットアクアブルー」ですね。あざやかで綺麗です。これからの季節にぴったりです。
ばった(@grassho06840697)は自転車を購入される方には、明るいカラーを選ぶことをおすすめしています。夕方うす暗くなったとき、明るい色の方が歩行者や自動車から自分のこと認識してもらいやすいからです。
自動車も同じことが言えますね。個人的には今回の「フラットアクアブルー」大好きです!

ベロスターのメリット

「ベロスター」のメリットは普通自転車と同じように乗れるということです。
「ベロスター」は見た目こそスポーツ車っぽい感じですが、ブレーキシステムは

  • 前はカンチブレーキ
  • 後ろはローラーブレーキ

と、普通車と同じ仕様となっています。
自転車にのったときのポジションも、そんなに前傾姿勢にはなりません。スポーツ車特有の前傾姿勢は、慣れていない人からすると結構きついことが多いです。
「ベロスター」はストレートハンドルですが、普通の自転車と同じような感覚で乗れます。
「普通の自転車でいいんだけど、ママチャリっぽい形はいやだ」というあなたにはベストなモデルです。

ベロスターのデメリット

上記のメリットはそのままデメリットともいえます。
よりスポーツ車のように走行したい!というあなたには、パナソニックであれば「ハリヤ」「ジェッター」の方が乗っていて楽しいです。

関東100以上の店舗受取で送料無料

自転車通販サイトNo.1

スペック

基本スペックはこんな感じです。

 ベロスター(BE-ELVS773)
乗車適応身長(目安)149~185cm
サドル高さ79.0~96.5cm
バッテリー容量8Ah
走行距離約36km(オートマチックモード)
充電時間約4.5時間
車体重量22.4kg
タイヤサイズ700×38C
ギヤ外装7段変速
カラー種類4色

価格帯

サイクルスポット➡106,799円 サイマ➡100,538円 楽天➡約107,000円前後

まとめ

今回の「ベロスター」の変更点は

  • カラーリング変更
  • ロゴの変更

この2点です。
まだまだ在庫が少ないですが、店頭で見つけたらぜひチェックしてみてくださいね!

それでは、今日もよいサイクルライフを!

関東100以上の店舗受取で送料無料

自転車通販サイトNo.1

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキング