【グリッター】パナソニック電動アシスト自転車2021年モデル登場!~前モデルとの違いは?~

スポンサーリンク
パナソニックサイクル
ばった
ばった

1台だけ入荷してきました!

いつもこればっかり言っていますね。でも結構貴重なんですよ。

どうもばった(@グラスホッパー@二輪好きな人)です。

パナソニックの電動アシスト自転車。2021年モデルも少しずつ生産が上がってきましたね。

今日は「グリッター」2021年モデル「BE-ELGL034」が1台だけ入荷しました。

前モデルと比べて、サドル高さ、カゴ、スタンドと、変更点がいっぱいですよ!

早速チェックしていきましょう!

スポンサーリンク

外観

外観です。

ぱっと見は前のモデルとそんなに変わってないようにも見えます。ですが、今回このグリッターは前モデルと大きく変わった部分がたくさんあります!

※7/10追記新カラー「ダークレッドローズ」も入ってきました!売れちゃう前にアップします!

ぱっと見は「黒」「ブラウン」に見えるような…太陽光の下で見るとまた違うのかもしれませんね。

スポンサーリンク

基本スペック

 グリッター(BE-ELGL034)
乗車適応身長(目安)139cm以上
サドル高さ71.5~87.0cm
バッテリー容量12Ah
走行距離約54km(オートマチックモード)
充電時間約4時間
車体重量25.8kg
ギヤ内装3段変速
カラー種類4色

前モデルとの違い

フレームサイズが低くなった

今回の最大の特徴といえばこれ!
フレームサイズが3cm低くなりました。今までよりもサドルを低くできるようなりました。
前モデルよりも、小柄な方でも乗りやすくなりました。ちょうど前のモデルも1台残っていたので比較してみました。

手前のマットオリーブが新しい車種、奥のブラウンが前の車種です。
こう見ても違いが一目瞭然ですね!

前のグリッターは高くて足つきがイマイチだった

というあなたにはおすすめです

両立スタンドが標準装備になった

これも嬉しい変更。
今回、両立スタンドが標準装備になりました。
前モデルは片足スタンドでしたが、前バスケットとのバランスで結構倒れやすかったんですよね。別売りオプションでこのスタンドに変えられる方も多かった印象です。これが標準装備になったのはうれしい!
自転車が倒れて傷ついて大ショック!というのはおさらばできるかと思います。

新しい、スリムバスケットを装備

フロントバスケットも大きく変わりました。かなりスリムに、横幅が短い縦長のスタイルに変わりました。
駐輪場でカゴが横の自転車にぶつかってしまう、ということへの対策ですかね。こちらも去年のモデルと比較してみましょう。

だいぶ印象が変わりましたね。あなたはどっちが好きですか?

エコバッグも装備

このバスケットにくくりつけられるエコバッグが標準で付いてきました。お買い物のとき、このバッグに入れてそのままカゴにはめていけます。
毎日のお買い物の効率が良くなりそうですね。
ビバSDGS!

こうやって付けるみたいですね。

カラーリング変更

カラーリング変更により、新色が追加されました!
その名も「ダークレッドローズ」
これにより今回は全部で4色(ホワイト、ベージュ、マットオリーブ、ダークレッドローズ)となりました。カッコイイ!シックでおしゃれですね。

より使いやすくなった!

今回のモデルチェンジは、大きなパワーアップと言っていいんじゃないでしょうか。前モデルで言われていた「もっとこうしたら良いのに」という部分が改善されました。
店頭で見かけたら是非チェックしてみてくださいね!

それでは、今日もよいサイクルライフを!

参考になりましたらクリックお願いします↓

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました