54字の物語を読んでみた~小学生、中学生の子供がドハマリ!~

スポンサーリンク
Uncategorized

最近娘が図書館で借りてきて、我が家でブームになっている本があります。

それがこちら。

『54字の物語』です。

「54字の物語」シリーズ〜クイズ番組でも話題!究極の短編小説|PHP研究所
9マス×6行の「正方形の原稿用紙」に収められた「54字の物語」は、短いからこそ「意味がわかるとゾクゾクする」究極の短編小説として、いまTwitterをはじめとするSNSで話題になっています。

本当によくできた本で、その効果があまりにもすごかった!

スポンサーリンク

読書嫌いの息子がドハマリ!

僕も妻も本を読むのが好きで、大きな書店に行くと何時間も出られないタイプです。

子供がいつも読書感想文のために、何を読めばいいのかわからないというので

あれこれ推薦するんですが、どうしても読まない。

そんな息子が妹の影響で、信じられないくらい食い入るように何度も読みかえし

「これ面白いよ!」と勧めてくる。

今まででは考えられないような状況に驚きながらもうれしくなって、

「どれどれ…」と手に取ってみました。

なるほど!これは面白い!と僕もドハマリしてしまいました。

スポンサーリンク

究極に短く、気軽に読める

なにせひとつの物語が「54字」しかありません。

いくら「文章を読むのが苦手」という人でも、54字なら読めるでしょう。

なにせ作文用紙2行強しかないんです。それでお話が完結している。

これはすごい!もし自分が物語を思いついたとして、それを54字だけで表現するのって

至難の業じゃないですか!?

お話は、短くまとめるのが非常に難しい。その究極系です。

秀逸なアイディア!叙述トリックの嵐

もともとSFもの、サスペンスものが好きで本だけでなく映画もよく見ていますが、

これ1つで映画のテーマになるんじゃないの!?という秀逸なアイディアが満載!

なかには有名な作品へのオマージュも多く見られます!

それに、探偵小説、サスペンス小説で使われる「叙述トリック」も満載!

おもわず「なるほど!うまい!」と膝を叩いてしまう面白さです!

そぎ落とされた美学で、文章校正を考えるのにも役立つ!

お子様は作文。大人の方は「報告書」

書くのが苦手な方も多いんじゃないでしょうか。

実は僕も苦手です。ブログを書くようになって、少しは文章アレルギーも

改善されましたが、それでもまだまだです。

この本の巻末に「54字の物語の作り方」が書いてあるんですが、

これは日常僕たちが文章を書くときにも大いに役立つと思います!

楽しく読めて宿題、仕事にも役に立つ。こんなおいしい事、他にはなかなかありません!

頭の体操になる!

54字の物語それぞれに、ページをめくると解説がついています。

一読して意味が分からなくても、次ページでちゃんと解説してくれるので、

安心して楽しめます!そして慣れてくると、だんだん話のポイントが分かるようになってきて、頭の体操になります!

安い!

なのに1冊1,000円くらい!安い!お買い得すぎる!

もちろん図書館にも置いてありますので、一度読んでみて気に入ったら買う、

というのもありです!

Kindle版も出ています!

意味が分かると感心される

もともと映画も小説もよく読んだり見たりしていたので、僕自身は

54字の物語の意味をポンポン理解して楽しく読んでいました。

そうしたら子供たちが「お父さんすごい…」と感心してくれました(笑)

お父さんお母さん。子供にドヤれるチャンスですよ!

特に面白かった本2選

「54字の物語」は、今のところ全部で7冊出ています。

僕も全部は読めていないのですが、特に気に入ったのがこちらの2冊です。

特に「参」は大好きなSFネタが多くて楽しかった!

爆笑問題の太田光さんが書いた作品も掲載されているんですよ!

 

読書嫌いのお子様をお持ちのお父さんお母さん!

ぜひこの本をそっと渡してみてください!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました