【ヤマハ電動自転車2023】前モデルとのちがいを徹底解説!

ヤマハの2023年モデルカタログができたみたいだね。2022年モデルと何か変わったのかな?

ばった
ばった

23年モデルは大きく変わったところがありますよ

どーもばったです。某自転車販売店で16年自転車整備士を行っています。

いよいよ入荷してまいりました。ヤマハPAS2023年モデルのカタログです!
心待ちにしていた人も多いんではないでしょうか。

  • 2023年モデルは前とどこが変わったのか?
  • 2022年モデルと比べてどっちを買えば得なのか?

この記事を読めばバッチリわかるように解説していきます。
毎年恒例、カタログチェックをしていきます。それではさっそくいってみましょう。

関東100以上の店舗受取で送料無料

自転車通販サイトNo.1

2023年モデルは「スイッチが変わる」

出典:ヤマハ発動機公式サイト

ヤマハ PAS 2023年モデル最大の特徴はこれ!「スマートクロックスイッチ」という名前でスイッチの形が変わりました。

これがそのスイッチです。かなりコンパクトになりました。ハンドルに沿ったコンパクトなサイズになりました。

今までのスイッチはハンドルから出っ張っていましたから、どうしても駐輪場で隣の自転車にぶつけられて壊れちゃう、割れてしまうことがありました。
ここまですっきりしたデザインだと、そういう危険性も少なそうですね。

見ての通りで時計の部分を大きく強調しております。

ばった
ばった

パナソニックやブリヂストンには時計機能がついていません

これはかなり便利で評判が良いです。時計機能がみんないちばん使うだろう、ということでヤマハさん2023年モデル新しくデザインを大幅に変えてまいりました。

また新しく消費カロリーが見られるようになりました。。スイッチ前面には走行モード切替ボタンのみの配置、残りのボタンは全て上側に取り付けになりました。これで押し間違いも防止されますね。

さらにバッテリーの残量が20%を切る光と音で知らせてくれます。目と耳で残量バッテリー残を確認できます。電池切れも防げる画期的なシステムですね。

新スイッチが装備されるのは12車種

この新スイッチ「スマートクロックスイッチ」ですがや全車種搭載ではなさそうです。

  • PAS BABBY un SP シリーズ3車種
  • PAS KISS MINI un
  • PAS Crew
  • PAS With
  • PAS With DX
  • PAS With SP
  • PAS mina
  • PAS Ami
  • PAS RIN
  • PAS City SP5

以上12車種が装備されます。

関東100以上の店舗受取で送料無料

自転車通販サイトNo.1

新しく始まった2つの保証サービス

バッテリーの盗難を保証してくれる「e-安心プラスONE」

2022年11月から新しい保証システムが2つ始まりました。

1つはバッテリーの盗難を補償してくれる「e-安心プラスONE」。
バッテリーが3年以内に盗難にあわれてしまった場合、バッテリー本体価格の30%お客様ご負担で新品バッテリーが手に入る、という保証キャンペーンです。

バッテリーの盗難は最近の電動アシスト自転車でかなり話題になっています。あまり良いニュースではないんですけれども、気になる人も多いです。そこに対して保険をかけてくれるのは非常に安心できますね。

こちらは掛け金が3年間で3,300円です。

このキャンペーンはヤマハ PAS の自転車を新規ご購入時の時のみしか加入できません。
元々持っている方が新しく加入はできません。そして更新はできず、最初の3年のみの加入となります。

最長100kmのロードサービスが何回も無料「e-レスキュー保険365」

もう一つは個人賠償保険付自転車専用ロードサービス付き「e-レスキュー保険365」です。
最大1億円の自転車賠償責任保険付きです。

そしてなんと!1回100 km までのロードサービスが付いてきます。しかも回数の制限なし!何度でも車体の引き上げをしてくれます。

突然のパンク、鍵をなくしちゃった、事故にあって動けなくなってしまった…
こういう時に何度でも、24時間365日対応してくれるのは安心感バツグンです。

こちらはは年間4,500円の掛金(自動更新)となっております。

こちらのロードサービスは、先ほどと違っていまヤマハ PAS をお使いの方も加入できるようになっています。新しく買った人以外の方も加入できます。興味ある方は是非チェックしてみてください。

2023年モデル、カラー変更する車種を紹介

では改めて車種を見ていきましょう。今回は新しい スマートクロックスイッチが搭載される車種のみチェックしていきます。

PAS BABBY UN SP

出典:ヤマハPAS公式カタログ

最初は人気ナンバーワン子乗せモデル「パスバビーアンSP」です。
先ほどお伝えしたスイッチの変更以外の仕様変更はなさそうです。

2022年から採用のオリジナルチャイルドシート「ハグシート」やバッテリー容量、走行可能距離なども全て一緒となっております。

カラーリングですが2022年モデルにあったソリッドグレーが廃盤になりました。代わりに追加されたのはディープグレーグリーンという深緑です。新車の画像が手に入ったらいち早くご紹介します。

関東100以上の店舗受取で送料無料

PAS KISS MINI UN SP

出典:ヤマハPAS公式カタログ

お子様乗せモデルの前子乗せタイプ「パスキスミニアン SP」

こちらもカラーリングの変更がありました。パウダーブルー2が廃盤となりディープグレーグリーンが追加です。

関東100以上の店舗受取で送料無料

PAS Crew

出典:ヤマハPAS公式カタログ

後ろ子乗せ24インチモデル「パスクルー」。なんと3カラーとも全部変わりました

2022年モデルのマットインディゴ(青)、ライトグレー、マットアンバー2。これが3つとも廃盤になって
「マットブラック」「ディープレイクグリーン」「マットグレージュベージュ」と大幅にカラーリングの変更がありました。

PAS With

出典:ヤマハPAS公式カタログ

普段使いに最適なシティモデルのベーシックタイプ「PAS with」です。
こちらも新しくスマートクロックスイッチが装備されております。その他仕様は変わりません。

カラーリングですがアクアシアン(青)とビビットレッド(赤)が廃番になりました。人気の高かったノーブルネイビー(紺)も廃盤です。
新しいカラーはパウダーブルー2ディープグレーグリーンそれとスモークイエローが追加になりました。
パスシオン U で採用されていた黄色に似ていますが、スモークと書いてあるのでつや消しですね。
新しいカラー、早く実車が見てみたいです。

車体画像を入手【ディープグレーグリーン】

関東100以上の店舗受取で送料無料

自転車通販サイトNo.1

PAS With DX

出典:ヤマハPAS公式カタログ

大型バスケットやフレーム統一カラーのキャリアと、細部までおしゃれなデザインにこだわったファッショナブルモデル「PAS with DX」です。

こちらもカラーリングの変更があります。パウダーブルー2は廃盤となり、新たにディープグレーグリーンが採用となりました。

関東100以上の店舗受取で送料無料

自転車通販サイトNo.1

PAS With SP

出典:ヤマハPAS公式カタログ

ヤマハ PAS シリーズの中で最高走行距離と最高アシストレベルを誇るプレミアムモデル「PAS with SP」。

カラーリングの変更がありました。バーガンディ(えんじ色)が廃盤になりましてブロンズメタリックが追加になりました。銅褐色ですね。高級感のある色です。

関東100以上の店舗受取で送料無料

PAS mina

出典:ヤマハPAS公式カタログ

北欧っぽいデザインで非常にファッショナブルで人気の高い「PAS mina」。

カラーリングの変更がありました。ミラーシルバーとバーガンディーが廃盤になり、新しいカラーはマットインディゴ(紺色)マットロゼという明るいロゼワインのような赤色が導入されました。これもお洒落な色ですね。
北欧テイストが強くてとっても素敵です。

関東100以上の店舗受取で送料無料

pas Ami

次はファッショナブルな大型バスケットを標準装備で、お洒落と実用性を両立したファッショナブルモデル 「PAS Ami」。

カラーリングですが、マットネイビーがマットインディゴに変更、と見た感じ同じネイビー色なんですが、名称が変わりました。色味が変わったのでしょうか?

関東100以上の店舗受取で送料無料

PAS RIN

出典:ヤマハPAS公式カタログ

お次は「PAS RIN」です。かっこよさと使いやすさを併せ持つユニセックスモデルということで、男性女性問わず通勤向けモデルとして人気のモデルです。

こちらもカラーリングの変更がありました。パウダーブルーが廃番になりましてマカロンラテというベージュ色に変更です。

関東100以上の店舗受取で送料無料

PAS CITY SP5

出典:ヤマハPAS公式カタログ

ヤマハ PAS シリーズ唯一の内装5段変速+27インチタイヤを採用した通勤に評判の快速モデル PAS CITY SP 5。

こちらもカラーリングの変更です。スノーホワイトが廃盤になりましてマットオリーブグリーンに変わりました。シックなカラーが増えて人気が出そうですね。

関東100以上の店舗受取で送料無料

自転車ネット通販No.1

2023年モデルはどこで買えるのか?

気になるヤマハ2023年モデルの発売日ですが、2023年1月以降となっております。

ほしいんだけど、どこかで予約していないかな?

ばった
ばった

すでに予約できるところもありますよ!

2023年モデルは、お近くのヤマハ取扱店ですでに予約もできます。
しかしインターネット通販ショップではまだまだ購入できないところが多いです(2022年11月現在)。

関東近郊で、お近くに実店舗がある!というあなたには「サイクルスポット」がおススメです!

サイクルスポットは、関東地方を中心に100店舗以上展開している老舗のサイクルチェーン店です。ばったの住んでいる街にもあります。実際のお店もかなりの数の自転車があります。サイクルスポットオリジナルの自転車も多数用意しています。
もしご近所に店舗がある方はぜひ行ってみて下さい。実際に見て触って、カラーリングを見て、サイズ確認もできます。とても安心して購入ができる店舗となっております。
詳しくはこちらの記事で解説しております↓

cyclespot_and_daisyarin【自転車ネット購入の新しいスタンダード】「サイクルスポットオンライン」「ダイシャリン公式通販サイト」がめっちゃ便利!

関東100以上の店舗受取で送料無料

自転車通販サイトNo.1

2022年モデルと性能面の変更なし。前モデルをお得に買うのもアリ

ということで新しいスイッチスマートクロックスイッチが導入される車種を中心に紹介してまいりました。今回紹介していないモデルはそのまま継続となります。

全体的に価格が上がっています。

ばった
ばった

このご時世ですからしょうがないですね

スイッチは変わるんですが基本性能、バッテリーやモーターの部分はデータ上変わっておりません。

2022年モデルが型落ちで安くなったのを見つけたら、それを狙うのもありです。

お得に電動アシスト自転車を購入できるチャンスですね。ぜひぜひお店屋さんで見つけたらチェックしてみてください。

それでは今日も良いサイクルライフを!

関東100以上の店舗受取で送料無料

自転車通販サイトNo.1

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキング