【ビビDX】パナソニック電動アシスト自転車2022年モデル~2021年モデルとの違いは?~

スポンサーリンク
パナソニックサイクル
ばった
ばった

1台だけいっぱい入荷してきました!

パナソニック電動アシスト自転車「ビビDX」2022年モデルが入ってきました。正真正銘の2022年モデルです。以前こちらの記事で概要をお伝えしました。改めて見てきたいと思います。

2022年モデルぞくぞく予約中!/
スポンサーリンク

外観

マットカーキグリーン(G)

こんな感じです。こちらは新しいカラーマットオリーブですね。前のきみどり色が大好きだったんですが、なくなってしまいました。とても寂しいんですが、こちらも高級感のあるカラーとなっており、人気が出そうですね。

レッドオーカー(R2)

新カラーその2!
前のレッドは完全な赤でしたが、今回はワントーン明るくなり、朱色っぽくなりました!
これはこれでよし!明るく、視認性も高そうなカラーリングですね!

マットミモザ(Y)

新カラー第3段!
こちらは最近でた、秋の限定モデルに近いイエローが定番カラーに昇格です!
このイエロー、けっこう売れたイメージですね。
ほかのメーカー、車種にもない色なので

みんなとおなじはイヤ!

というあなたにはベストチョイス!視認性もばっちりです!

Pファインブルー(V2)

こちらは変更なしのカラー、大人気のブルーです。
入荷してきたので、あらためてパチリ。
やっぱり永遠の定番カラー。カッコイイですね!

チョコブラウン(T)

こちらも変更なしのカラー、チョコブラウンです。
安定の定番カラーですね。
落ち着いたカラーリングで、汚れが目立たないというのも人気ポイント!

スポンサーリンク

前モデルからの変更点

仕様に関しましては、スタンドロック機能が一部変わりました。スタンドと連動したハンドルロック機能ですね。


どこが変わったのかというと、ここに小窓が付きまして、いまハンドルロック機能が働いているかどうかというのが一目で分かるようになりました。このモデルは、仕様変更はここだけですね。あとは全部2021年モデルと同じになっております。


「ビビDX」は、標準で装備されているバスケットがとても大きくて人気です。タテ、ヨコともに他のモデルでもなかなかないサイズです。お買い物でいっぱい荷物を入れるあなたにはベストチョイスですね!
またデザインも、独特の網目をしていて、入れた荷物が外側からわかりにくいようになっています。プライバシー対策もバッチリです。
2022年モデル目玉の「新モーター」もビビDXに関しては搭載していないんですね。

基本スペック

型番BE-ELD637
タイヤサイズ26インチ
総車両重量(kg)29.2kg
1充電あたりの走行距離【パワーモード】約59km
【オートマチックモード】約70km【
ロングモード】約100km
変速機方式内装3段変速
最低乗車身長141cm以上
サドル高さ mm74.0~89.0cm
充電時間約4.5時間
標準搭載バッテリー(電圧/容量)25.2V-16Ah
カラーバリエーション6色
詳細詳細を見る

まだまだ店頭在庫も少ないですので、店頭で見かけたらぜひチェックしてみてくださいね。
それでは、今日もよいサイクルライフを!

参考になりましたらクリックをお願いします↓

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました