【ヤマハPAS2022年モデル】発表!ヤマハ電動アシスト自転車最新モデル!新しいチャイルドシート「ハグシート」がすごい!

ヤマハ
スポンサーリンク

ヤマハの電動アシスト自転車、新しいモデルが発表されたけど、

何が変わったの?よくわからない…

ばった
ばった

わかりやすく解説しましょう!

どーもばった(@グラスホッパー@二輪好きな人)です。某自転車販売店で20年勤務、自転車整備士を15年勤めています。
ところで…ヤマハもついに電動アシスト自転車2022年モデルが発表されましたね!
カタログも登場してきました。他メーカーに負けずヤマハも2022年モデルは大きく変わったところがあります!
でも情報がおおくて、いまいち前のモデルとの変更点がわかりにくいですよね。
そこで、ぼくが「前のモデルと変わったところ」をポイントに解説します!

変更点のポイント
・子乗せモデル「パスバビー」が大きく変更。完全オリジナルチャイルドシート「ハグシート」を装備
・カラーコディネートされた特別仕様車が登場
・「PAS Cheer」にスタンド連動ハンドルロック、大型ワイドバスケット装備

ちなみにばったは、ヤマハの電動アシスト自転車をネットで購入するなら

  • 自転車整備士による組み立て
  • 防犯登録もできる
  • パンク、他の修理保証
  • ロードサービス、不要自転車回収サービス付帯

以上の理由から「サイマ」をおススメします。

自転車ネット通販サイト年間売り上げNo.1/

大きな変更点!「PAS BABBY」に新しいチャイルドシート「ハグシート」が装備

※1/13更新 こちらの記事で詳しく解説しております!

出典:ヤマハ発動機公式チャンネル

子供乗せモデルの人気車「PAS Babby un」シリーズのチャイルドシートが大幅に変わります!
その名も「ハグシート」。

前モデルのシートよりもお子様が座るスペースが広がりました。
ベルトを固定するバックルもマグネット式に変わり、より使いやすくなりました。
さらに背面に大きなカバー付きポケットも装備。お子様のシューズも入れられる大きさです。

前モデルのチャイルドシートは、OGK技研から単品販売をしていました。しかしこの新しいチャイルドシートはヤマハのPAS BABBYシリーズでしか手に入りません!完全オリジナルモデルです!

この写真、どうしたの?

ばった
ばった

じつは…

展示会にいってきました

実は先日某所で行われた新車発表展示会に参加してきました。そこで新モデルを実際に見てきました!

こちらが新モデルです。
かっこいい!

実際に見ましたが、従来のシートより使いやすそうでした!
ほかの車種についても写真でご紹介しますね!

新しいカラーバリエーション

今回発表された新モデルは、カラーリングを統一しファッショナブルなカラーリングを採用しています。
今回あたらしく登場したカラーは「ミスティグリーン」「アンティークレッド」それと「ソリッドグレー」「グレイッシュベージュ」おしゃれですな。現車もきれいでした!

子供乗せモデル

PAS BABBY un 「PA20BSPR」

自転車ネット通販サイト年間売り上げNo.1/
ヤマハ2022カタログより

ではさっそく最新モデルを紹介していきましょう!
まず最初は大きく変わった話題の「PAS BABBY un SP」です。
先ほどのとおり、リアチャイルドシートが最新の「ハグシート」に変わりました。
モーターも新しい「スマートパワーアシスト」を搭載しております。

さらに今回からの特徴として「コーデカラー」という別バージョンが新しくラインナップされました通常カラーに加え、先ほど紹介しました「アンティークレッド」「ミスティグリーン」が採用され、別バージョンとなっております。

この「コーデカラー」他と何が違うかというと、全体的に使われてるパーツがグレードアップしております。リアチャイルドシートがツートンカラーに。サドルも上質なテリーサドル、タイヤもツートンカラーになっています。

グリップもレザーテイストでシルバーのパーツを使った高級仕様となっています。
全体的に高級デザインのパーツを使った、まさにグレードアップバージョンです。通常デザインとくらべても価格差3,300円です。ばったはこっちの方でバージョンが好きですね。

こちらの車種「ブリヂストン」「パナソニック」とくらべてどうなの?という質問をよく頂きます。
こちらの記事で詳しく解説しております。ご覧ください。

PAS Crew

後ろ子乗せ電動アシスト自転車の24インチバージョンです。
こちらで詳しく紹介しております。

PAS Kiss mini un SP 「PA20KSP」

自転車ネット通販サイト年間売り上げNo.1/
ヤマハ2022カタログより

前お子様のせモデル「PAS Kiss mini un」です。
バッテリーが12.3Ahのモデルは廃止になりまして、15.4Ahの「sp」のみになりましたね。

カラーリングも変更となっております。マットアンバー、マットカフェベージュ、スモークイエローが廃止。黒、白、パウダーブルーにくわえて先ほど「PAS BABBY」で紹介した「ミスティグリーン」「アンティークレッド」「マッグレイッシュベージュ」が追加されております。

お買い物モデル

PAS With 「PA26W/PA24W」

自転車ネット通販サイト年間売り上げNo.1/
ヤマハ2022カタログより

こちらの記事で詳しく紹介しております!
お買い物モデルの定番「パスウィズ」
スマートパワーアシストを搭載。
こちらもカラーリングが変更になっております。イエロー、ホワイトが廃止。「マットグレイッシュベージュ」「ビビッドレッド」が採用されております。

PAS With DX  「PA26WDX/PA24WDX」

自転車ネット通販サイト年間売り上げNo.1/
ヤマハ2022カタログより

ことし1番売れたお買い物モデル「PAS with DX」です。
スマートパワーアシスト搭載。
こちらもカラーリングが変更となっております。コーラルレッド、ソリッドグレー、マットアンバーが廃止。「ミスティグリーン」「マットグレイッシュベージュ」「ホワイト」が採用されております。

PAS With SP 「PA26WSP/PA24WSP」

楽天スーパーDEAL開催中!/
ヤマハ2022カタログより

パスシリーズ最高走行距離&アシストレベルのプレミアムモデル。
スマートパワーアシストももちろんついています。アシストレベルはヤマハ PAS シリーズでも最も強くなっております。シリーズで唯一「強化ハブ」が使わています。ヤマハだけで比べれば、やはりコレがパワー最強でしょう。

カラーリングは1色減って3色展開。ダークメタリックレッド、マットダークグリーンが廃止。ブラックが追加です。

PAS Cheer 「PA26CH/PA24CH」

自転車ネット通販サイト年間売り上げNo.1/
ヤマハ2022カタログより

ヤマハのお買い物モデルで最もお買い得な「PAS Cheer」こちらは仕様が大きく変わりました。
PAS Withに採用されていたスタンドと自動連動したハンドルストッパーが採用されました。

バスケットも以前はプラスチックでしたが、今回は大容量ワイヤーバスケットに変わりました。お買い物の荷物も入れやすいように変わりました。
カラーはダークメタリックレッドが廃止。ビビッドレッドに変更。明るくなりましたね。

ファッショナブルモデル

PAS Ami 「PA26A」

自転車ネット通販サイト年間売り上げNo.1/
ヤマハ2022カタログより

通勤通学におすすめしているファッショナブルモデルから「PAS Ami」です。可愛らしいデザインで、女性に非常に人気があります。
細かい仕様変更ですが、鍵がリアキャリアの方に付きました。最近こっちのほうが人気ですね。駐輪場で止めた時に鍵が操作しやすいですね。
カラーリングはホワイトがまさかの廃止。「マットライトグレー」に変わりました。

PAS RIN 「PA26RN」

ヤマハ2022カタログより

男性の通勤用に非常に人気のあるモデルです。
鍵の位置変更はAmiと同じく後ろになりました。
カラーリングは1色追加で5色になりました。マットアンバー2が廃止になり、ソリッドグレー2、スノーホワイトが追加です。

公式サイト、カタログもリニューアル

今回の新モデル発表に合わせまして「ヤマハ公式サイト」とカタログも全部新しいものになりました。

ばったもこの前の展示会の時にわずかもらったばかりで、手元に1部しかないんですね。はやく届いてほしい!表紙の「ももちゃん」って有名なYou Tuberらしいですね。公式 YouTube サイトにはこんなCMも登場しました。

出典:ヤマハ発動機公式チャンネル
ばった
ばった

かわええ!

とにもかくにも、はやく実車をさわりたい!

それでは、今日もよいサイクルライフを!

自転車ネット通販サイト年間売り上げNo.1/
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました